ジャケット考

3月5日 (木)   どんより曇りのち雨と雷&濃霧
啓蟄

風景 調理肉屋
<叉焼屋さん@サムソイポ>

曇ってんな~・・・と思って外を眺めていたら、突然真っ暗になり、風が強くなって、しまいには雨が降り出しました。なんかの嫌がらせ?
低気圧のせいか、体調もあんまり良くなく、食欲がありません。日曜日に大切な用事があるので、それまでにまた快復しなくては。

香港はいろいろなものがお買い得なんですけれど、昨日はかなり迷いました。
とあるセール会場で、もともと3500ドルくらいの値札が付いている紫色の素敵なジャケット(綿)がたったの200ドルになっていたのです。サイズもちょうど良いのがあって、気持ちはかなり購入方面に傾いていたのですが、最後の最後でグッと我慢。
綿とは言え、その質感と色で夏の上着にはなりそうにないというのが理由です。冬に羽織るジャケットならもう何枚も持っているから。冬は短いですし、そんなにたくさんはいりませんもの。
もともとはスーツとして並んでいたようで、同じ生地で色違い(黒)のズボンがありました。どちらかの色が揃うようだったら(つまり、紫のズボンがあるか、黒いジャケットがあるかしたら)スーツとして買ってしまっていたかもしれませんが。

ところで、急に話題が変わって申し訳ありませんが、ジャケットで思い出しました。
先日、殿の忘れ物を届けるためにIFCへ行ったときのこと。ちょうどお昼休みの時間で、周辺で働く労働者諸君が忙しく行きかっておりました。

殿を待つ間、東洋の男性でスーツをかっこよく着こなせる人ってなかなかいないわね~・・・と思いつつ、男性陣のスーツ姿を観察していたら、ジャケットの後の切れ込みの種類と割合を考えてみようという気になりました。
一般的に、ビジネス・スーツの切れ込みには、中央に一本か、左右に一本ずつの二本か、または切れ込みなしかの3種類かと思います。それぞれ、
 ・センターベント(中央一本)
 ・フックベント(中央一本)
 ・サイドベンツ(左右二本)
 ・ノーベント(なし)
と呼ばれますが(こちらの解説が分かりやすいです)、その割合を調べてみようと思ったわけです。

2009年の3月はじめのIFCでの観察では、
円グラフ スーツ ベント
サイドベンツ=約6割
センターベント/フックベント=約3割
ベントなし=約1割

このような結果でした。ま、正確なあれではなくて、なんとなくこんな感じだったという程度ですが。

本来は体型によって選ぶポイントであるようですが、流行り廃りもあるのでしょう。殿のスーツを改めて見ても、どれもあります。
因みに、このうち一番フォーマルなのは、ノーベント(切れ込みなし)だそうです。なるほど、そんなポイントがあったとは、ちっとも知りませんでした。

切れ込みの数よりも、私はジャケットの裏地があっと驚くような柄だったり色だったりするのが好きです。(日本の男物の羽織のように) ポール・スミスのや、いわゆるイギリスのやつは、そういうおしゃれが多いような気がします。動いたときに裾がひるがえってチラッと見える色に、粋加減を感じます。

Comment

そう。やっぱり殿方は裸体よりもスーツ姿がせくしぃ。
  • 2009/03/10 00:04
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
裸体がセクシーなのは当たり前ですからね。
例えば英国のJ・ボンドさんなんか、スーツが似合わないとお話にならない。
日本(アジア一般かな?)では貧弱な身体つきの男性がモテがちですが、
背広は胸板が少しはないと、衣紋掛けみたいになっちゃって
みっともないことこの上ないですね。
痩せていても、ジャストフィットならまだ見られますけれど。
(だから、日本の芸能人のスーツ姿はまだ見られる)
歌舞伎町あたりには、スーツ姿が逆にチンピラ風味を
かもし出してしている男子がいっぱいいますが、全くもったいない。
  • 2009/03/10 09:24
  • bonbon
  • URL
  • Edit
ああ、これに関してはBonBon嬢と見解がわかれますね。
(・・見解ってほどたいそうなものではない、単に嗜好の違いか?!(笑))
私は殿方のハダカにはなんのセクシーも感じないのですよ。
それでもハダカを見てスーツきたらどんなだろう、とは妄想しませんが
スーツがバシッと決まっていれば“えぇカラダしたはるんやろな。”とは
思いますよ。
  • 2009/03/10 20:50
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
なるほど、なるほど。おっしゃりたいこと、分かります。
裸体だと、想像の(妄想の)余地がありませんからね。
よく考えてみたんですが、服を着たところから裸になるという、
要するに「服を脱ぐ」というその過程がセクシーなのであって、
素っ裸がセクシーなわけではありませんね。
考えを改めました。
チラリズムに通じるというか、やっぱり、
人間てのは「想像することで興奮できる」動物なんですね。
  • 2009/03/11 16:32
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。