着物、海を渡らない・・・予感

5月9日 (土)   晴れ   夏日

着物 帯 繻子 グレー
<繻子の帯>

みなさん、ごきげんよう。bonbon堂の時間です。
香港へ戻る日が、明日に迫りました。そろそろパッキングを開始しなくちゃな~と思いつつ、もちろん全然関係のないことをやり続けるのが正しいbonbonの姿でありますが、やっぱりそろそろ始めないといけないような気がしております。はぁー・・・。

(5月10日 追記あり)

海を渡るかと思われていたわたしの着物たちですが、ここでとても残念なニュースが入りました。

着物一式の重さを量ってみたら、まさかの6キロ越え。
ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

香港を出るとき、私のスーツケースは17キロありました。お土産とかはなしで、自分のものだけで17キロ。つまり、帰るときにもやっぱり17キロはあるってことでしょう。
さらに、こっちに滞在している一ヵ月と少しの間にいろいろなお買い物もしました。本も買いましたし、洋服も買いました。それらだけでも、けっこうな重さになっているんじゃなかろうかと思われます。

私の搭乗クラスはエコノミーですから、預ける荷物は、決まりでは20キロまでです。年々厳しくなっているとは言え、実感では25キロくらいまではなんとか大目に見てもらえますが、日本で買った全てのものと着物一式を両方入れたら、やっぱり25キロもあっさりと超過することでしょう。

ここはひとつ、大人の決断をしないといけません。優先順位をつけて選ばなければ。

・・・(-ω-)ん~
・・・(-ω-)そぉね~
・・・(-ω-)どうかなぁ~
・・・(゚∀゚)ヒラメイタッ!!!

着物は、今回はやめておこう。
そうだわ、そうよ。やめておいたって良いと思うわ。

何故かと言いますと、前回も繰り返しましたように着物は暑い。ということは、夏には絶対に着ない。欧州へ行ったときに着る機会がないかしらと思ったけれど、欧州も夏で暑いから着ることはないでしょう。ってぇことは、少なくとも香港が涼しくなるまでは、お預けということです。
幸い私は10月にまた帰国する予定でいるので、着物はそのときに海を渡れば良いのです。
10月は滞在期間も短いし、荷物もそんなに多くないはずなので、無理なく着物を運ぶことができます。まあ、10月は殿と一緒なので、殿がなんて言うか分りませんけれども、彼の迷惑になることではないし、何を言われても無視、無視。

私の予想では、日本で買ったものを入れて23キロくらいにはなるでしょうね。これならチェックインのときに文句も言われないはずです。


ということで、やっぱりそろそろパッキングを開始しないといけない感じになって参りました。明日の朝早起きしてやるっていう最終手段もありますが。

ああ、パッキングって面倒だなぁ~。香港での荷解きも面倒くさいんだよね~。
・・・あっ!
香港で衣替えしてくるの忘れた・・・。ほら、出発前があんまりにも忙しくって、すっかり忘れてましたわ。
そうかー、荷解きと衣替えを同時にしなくちゃいけないのかー。泣きそう。



<追記>
5月10日(日)   晴れ  アチー!
お父さん、T叔父ちゃん、お誕生日おめでとう。

あと10分ほどで出発です。
スーツケースは、私の予想を大きく裏切って、なんと30キロでした。
そんなに買い物をしたのかと思うと、これもまた精神的ダメージが大きいです。ダメ人間・・・。(本だけで4キロありました)
5キロほど郵送にしようかとも思いましたが、なんだかばかばかしい出費なので、いろいろと悩んだ末、機内持ち込みにしました。
スーツケースは、うちのはかりで24.5キロ。機内持ち込みの荷物の方は、6キロほどあります。キャセイの人、どうかなにも咎めないでね・・・。

それじゃ、日本の皆様には大変お世話になりました。また10月にはどうぞよろしく。
香港の皆様、またよろしくおつきあい下さいませ。

Comment

やっぱり、着物は着て帰ってくるのが良いのではないでしょうか?
そうすれば荷物になりませんからね。

飛行機に乗ってしまえば、脱いだっていいんですからね。

まあ、現実的な案ではありませんですけれどね。
  • 2009/05/09 22:12
  • joona
  • URL
■joonaさん
着物は置いてきました。
重くなるとは思っていたけれど、まさかあんなに重いなんて。
しかし、飛行機に乗ってから着物を脱ぐのは、
これまたえらい大変ですよ。(笑
  • 2009/05/11 09:36
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。