Magic phone call

  • Day:2009.05.28 11:21
  • Cat:本堂
5月28日 (木)   曇り

日本 植物 ぺんぺん草

あれは一週間前のこと。精神的にけっこうなダメージをくらうようなことがあって、それから数日なんか気分が冴えなかった。身体は元気だし、頭も元気なんだけれど、心が疲れたというか、なんかしら「はぁ~・・・」と幸せを逃がすため息をついてしまうような感じ。
それでもやらなくてはならないことはいろいろあるので、新に増えた課題なども一つずつ、とにかく今は粛々とこなすしかないと思ってやってきた。
別に悲壮になっていたわけじゃないんだけれども、なんかこう、スッキリしないと言いましょうかね。暗雲が立ち込めているような、湿度が高いような、そんな感じ。


厳密に言えば私の責任ではないんだけれど、連帯責任ですから、とりあえず周囲の数人には不本意にも迷惑をかける結果になってしまったので、取り急ぎ、その謝罪のためのメールを書いて送信。

まあ、「周囲」と言っても友達なんですけれどね。
非常に個人的な内容の集まり(誕生日パーティーとか、そういうあれ)を企画していたんだけれど、それが私以外の企画者の気が変わったために予定が丸まる変更になってしまうという感じです。
非常にはしょって完結に言うと、そういうこと。それだけのことです。

でもま、その集まりのことでいろいろあって疲れていたところだったので、受けたダメージもやや大きめだったと言いましょうかね。


メールの送信ボタンを押して一分後くらいですか、電話が鳴りました。
うちの電話は、ほとんど決まった人しかかけてきません。それは、殿が「これから帰ります。夜ご飯は何?」とほぼ毎晩かけてくるか、アパートのコンシェルジュさんが「小包が届いていますが、部屋までお届けしましょうか?」とかけてくる、そのどちらか。あとは時折かかってくる間違い電話と、ごくごくたま~に香港在住の友達がかけてきてくれるくらい。

たぶん殿だろうと思い、この日わたしはあることが原因で殿にちょっと腹を立ててもいたので、不機嫌な声で「アロ?」と電話に出ました。そうすると、微妙な間を置いてあちらから「ハロー?bonbon?」と聞こえました。

ああ、この声は!
私がたった今メールを送信した友達の一人、アメリカはフロリダ州に住んでいる友達です。彼女には先月くらいに電話番号を教えてありました。とても忙しい職業婦人、そして一児の母でもあります。

いつもかけようかけようと思いつつ、なかなかかけられなかったけれど、今あなたのメールを読んで、今度こそかけなくちゃと思ったの。どうなの?大丈夫?元気にしてる?心配してるのよ。・・・と、私の目頭を熱くするような心のこもった言葉に始まり、気がつけばそれから2時間半ほど喋り続けてしまいました。

私もわりと薄情な人間なものですから、メールもそれほど頻繁な遣り取りがあるわけでもないし、会ったのは7年くらい前のパリが最後。まだ二十歳そこそこの頃、1年半も一緒に暮らしたというのに、何とはなしに疎遠気味になってしまいました。いや、私がそうさせたように思えます。反省しなくては。
そんな薄情者の私に、海を越え時差を越え電話をしてきてくれる彼女は、私とは対称になんて心の豊かな人なのでしょうか。私よりも二つ年下ですが、彼女に学ぶところはありすぎるほどです。

スカイプとかではなく、普通に電話で話す国際電話なものですから、お互いの声がお互いの耳に届くまでにちょっと間が開くんです。これって、アメリカだからでしょうか?欧州から日本の家に電話しても、こんな風にはならないように思います。
それに加えて音もそれほどクリアではなく、ちょっと聞き取りにくいときもしばしばあるんですが、それでも彼女の声をこうして聞けるだけで本当に心が洗われるようでした。

彼女は以前からちょっと魔女的なところがあって、電話がかかってくると出る前に相手が誰か分かったり(毎回ではないらしい)、トランプで占いなんかやってもらうと本当に当たったり、まあ他にもいろいろありました。私が送ったメールをほぼリアルタイムですぐに読んでもらえたというタイミングの良さにも、なにかマジカルなものを感じずにはいられません。
もちろん、こうやって懐かしい相手と喋れることがとっても嬉しかったということで気持ちの転換もできたのでしょうけれど、とにかく彼女と喋ったあとは気分がずいぶんとスッキリしていました。良い念でも送ってくれたのかしら。


翌日には、メールを送ったもう一人の相手もフランスから電話をしてきてくれました。彼女もやっぱり「大丈夫?元気にしてる?」と。


ああ、香港でいつもお世話になっている友人たちも、日本の友達も、この彼女たちも、その他世界のいろいろな場所にいる友人たちも、私の周りには素敵な人ばかり。私にはもったいないくらいの人ばかりです。これらの人たちとの関係と存在に感謝して、私も自分を磨き、みんなに相応しいような人間にならなければなりませんね。
改めて、彼らに心から感謝します。

Comment

みなさん、ステキな方ですね。
でも、“類は友を呼ぶ”と言います。
それもこれも、bonbonさんがステキな人だからじゃないでしょうか?
精神的なダメージは気分を変えるしかないのでしょうね。
お忙しいようですがご自愛ください。
  • 2009/05/28 12:00
  • LimeSoda
  • URL
■LimeSodaさん
いや~、そう言っていただくと恐縮してしまいますが、
どうも神様が
「ほら、これだけ好い人集めたんだから、
 君も皆に学んで、もうちょっと頑張りたまえ」
と言っているように思えてなりません。
しかし、そういう素敵な人々に囲まれている自分は
本当に幸せ者だとつくづく思います。
  • 2009/05/29 17:57
  • bonbon
  • URL
  • Edit
いい友だ~!
ずーっと離れていても、連絡していなくても、
ちゃんと繋がっているのよね。
そして、その事にちゃんと感謝できるbonbonさんもまた、
素敵な人だと思いますよ~。
  • 2009/05/31 14:17
  • shell
  • URL
  • Edit
■shellさん
いい友達です。本当に。
私にはもったいないくらいの人ばかりで、
ときどき本当に申し訳なく、また自分が情けなくなります。(笑
  • 2009/06/01 13:29
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。