高級パック

  • Day:2009.07.27 12:17
  • Cat:葯房
7月27日 (月)   曇りときどき雨ときどき曇り

ドイツ 道路
<ハンバーグと音楽隊>

ブレーメンと言ったら「音楽隊」なんですけれども、殿に言ったら彼はこのお話を知らなくて、私は非常に驚きました。殿は、不思議の国のアリスも、ピーターパンも知りません。今のところこれくらいしか分からないけれど、きっと他にも知らない御伽噺がたくさんあるんだと思います。
その他文学作品なんかの話になっても、(少なくとも私の周りの)日本人てぇのは、世界の文学にもある程度は通じている、文化度の高い国民だなァ・・・と感心させられます。ええ、自分も含めて。だってね、私のお話したことのあるガイコクジンの皆さん、けっこう読んだことがないんですよ。こういう御伽噺にはじまって、高尚な文学作品も。皆さんけっこう読書はしている様子なんですが、何を読んでるのかしら?と疑問を持つほど。
ただ、読んだよ!という人だと、すごーく深く深く読み込んでいる人が多く、「とりあえず有名なので読むだけ読んでみました」・・・という方針の私との差を感じさせられることが多くもあります。
個人個人の程度の差が甚だしいので、いろいろな事柄において「平均的」というものを表すのが難しく感じられる白人社会ですが、読書ひとつとってもそうなんですね。

欧州から戻ってこっち、お肌の調子がイマイチ優れなかったわたくしですが、おかげさまでバッチリ元に戻りました。
昨日は、久しぶりに愛用のインド泥パックで肌の汚れを一掃して、わたくしの人生で初めての高級パックを使ってみました。

その名もSK-II「サインズ デュアルトリートメントマスク」。雑誌の化粧品特集などでも絶賛されているパックです。
特別、肌の悩みがあると言うわけでもないんですが、まあ評判いいしね、ちょっと使ってみよっかな?と思った程度です。ほら、香港で買うと安いですから。(どこで買うとどれくらい安いのかというような重要な情報は、ここでは秘密にしますけど)

なんか、リンク先のSK-IIサイトに描かれている絵のようにシートを「引っ張って伸ばして貼り付ける」という感じにはならなかった気がするんですが(引っ張らなくてもしっかり顔が覆われる大きさがあったため)、まあ細かいことは気にしないことにして、15分過ごしてみました。
液がたっぷり入っているので、あまったものは首やデコルテに伸ばしました。

その間に驚いたことは、手が!手がァ~~~!!!このパックを触っていた手が、すっごいもちもちでしっとり。ツヤもあります。

15分経過。
パックの液は洗い流さずに、そのまま軽く肌になじませておけということなのでそうしましたけれど、もともとそれほど乾燥した肌ではなかったためなのか、それともそういうものなのか、しっかり肌に吸収されたな・・・という感じになるまでに一時間はかかりました。
お肌の様子がどんなだったかと言うと、ふっくら&もちもちってのはこういうことを言うんですね。弾力が違う!肌理が整っているのもよく分かります。そのおかげか、毛穴も目立ちません。

すごいなー、さすがは高級パックだなー。

私のインドの泥パックも、毛穴をきれいにしてくれるので毛穴が目立たなくはなりますが、肌がふっくらするような、この感じはあんまりありません。
ま、この泥パックもとても素晴らしく、私はこれだけでも満足してはおりますけれど。

それから、このデュアルトリートメントマスクが絶賛されている最大のポイント「上がる!」(フェイスリフト効果がある)という点に関しては、今朝、鏡を見た時点でそう思いました。「あ・・・、上がった・・・気がする?」ってくらいでしたけれど。まあ、もともと「最近、下がってんのよね~」と悩みがあったわけでもないし、使用前・使用後の写真を撮ったわけでもないので、「気がする」程度です。
でもね、害はありませんから。安いし、特に大切な日の前なんかには絶対にまた使います。

今朝の肌の様子もすばらしいです。このしっとりとした感じ。このふっくらとした感じ。いやー、さすがは高級パックですわ。

目元用のパックも買ってみたので、今度はこっちを試してみようっと。
るるるぅ~♪


*   *   *   *   *


先日、カレーを買いに重慶大厦のインド屋へ行ったら、今マンゴーの季節らしくインドのマンゴーがたくさん並んでいたんですが、それよりも気になったのが、なにやら懐かしの「ミサンガ」みたような装飾品がこれまたたくさん並べられていたことです。

何かのお祭りの季節で、それ関連のものであろうということは容易に想像できたのですが、インドのことも(その他の国々のことも)さっぱり分からない私には、それ以上は分からずじまい。
このお店、そろそろレジのお姉さん(またはおばさんなのかも。年齢不詳)にも顔を覚えられつつあるかな~という程度には通っているんですが、無愛想だもんですから値段以外の質問をする気になれません。
帰宅してからインターネットで調べたら、どうやらラクシャ・バンダン(Raksha Bandhan)というお祭りのようです。ミサンガみたいなものにはみんな「Rakhi」って書かれてたんですが、それはラキというもので、これを姉妹が兄弟の手首に巻いて、長寿と幸せを祈るとか。
詳しくは、Rakhi.comにいろいろと解説(英語)がありますので、そっちをお読みあそばせね。すごく簡単ですが、Wikipediaにも日本語の解説がありました

ふん、ふん、なるほど。可愛い飾りなので、宗教的なアレは関係なく自分の手首にまこっかな~なんて思ったりもしたけれど、女性が男性の手首に巻くということは、これが女性の手首に巻かれているのはちょっとおかしいってことですな。じゃあいいや。

Comment

メルシ~☆
あたくしも晴れてチーム・ぞろ目のお仲間入りを
果たしました。25日にね。

「ラクシャーバンダン」の記事を読んで、かの国での
懐かしき日々がよみがえってきました。
高一でホームステイしたとき、ちょうどこの祭りが
あって、おうちの息子デニスの手首にラーキーを結んで
インドのあんま~いスウィーツを食べて、姉弟の契りを
交わしたことでした。
また行きたいな~。
  • 2009/08/14 11:34
  • キン子
  • URL
■キン子ちゃん
あ、やっぱり25日だったか。ごめん。
29日は、それじゃSちんの誕生日だな。

高一・・・。(遠い目
そうよね。
思えばあの頃から、君のインドが始まっていたんだね。
戻ってみたいな、あの頃に・・・。
  • 2009/08/16 11:36
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。