季節のもの

  • Day:2009.08.13 11:31
  • Cat:厨房
8月13日 (木)   雨・雨・雨・・・

香港 鳥瞰図
<中環>

鬱陶しい天気が続いております。朝の天気予報のオジサマのお話によれば、このあたりに停滞している低気圧が少しずつ遠のいていって、変わりに高気圧が近づいてくるので、週末にかけてだんだんと天気が好くなるでしょうとのこと。ぜひそうあって欲しいものです。

こう雨が続くと、湿度ばかりが高くなってやっていられません。ムシムシムシムシ・・・。なんだかスチームサウナにでも入っているような、そんな様子です。とても不快。

クーラー教を篤く信仰する殿のおかげで、うちのなかはいつも寒く、ついついシチューでも作ろうかしら?などと考えてしまうんですが、一歩外に出るとそれが間違い、大間違いであることに気づかされます。外出中には、すっかり素麺とかお蕎麦とか冷たいうどんとか、そういった物が食べたくなります。

最近、殿がお蕎麦以外の日本の麺類を召し上がるようになったので(それでもうどんはお好きではないようですが)、素麺や冷や麦も食卓に上がります。ある日、素麺が、それもつけ麺の素麺ではなくって、お皿に盛って麺の上に具材をのっける冷やし中華のような食べ方のそうめんが食べたくなって、それを作ってお出しいたしましたところ、殿がそれを大変気に入ってくだすったんです。
(あ、ところで、この冷やし中華みたいな素麺の食べ方に何か決まった名前ってあるのでしょうか?)

見慣れぬ食べ物を前に最初こそ半信半疑で表情も硬く、恐る恐る麺を口へ運んだ殿でしたが、一口食べて美味しいと思ってくだすったらしく、あっという間にぺろっと平らげておしまいになりました。

それがまだ4日前くらいの話なんですが、昨日の朝、「今夜は何をご所望ですか?」とお訊ねしましたところ、やはりまだこれといったアイデアもおありにならないようで、考え込んでしまわれました。
私はなにかスッキリと夏らしいものを・・・と思っていたんですが、和風の食事が続くのは殿にはご負担となることもあるので、殿のお国の夏の料理が分かればそれを拵えられると思い、殿にそう訊ねると、
「夏の料理?どういう意味?」
と、反対に私が質問されてしまいました。


ぼ 「例えば先日の冷たい麺なんかは、日本では典型的な夏の料理で、あれは冬に食べることは、一般的にはほとんどありません。逆に、あなたのお好きなシチューなどは、どちらかと言えば冬の料理です」
殿 「ふん、ふん」
ぼ 「私が知っている限り、あなたのお国のお料理は、どれも全てどちらかと言うと冬っぽいお料理だと思うんです。
 だから、なにかこう、夏にしか食べないようなものはないのかと思いまして」
殿 「ん~・・・。ないね」
ぼ 「ないですか?」
殿 「うん。ない」


まあ、殿はもともとあまり料理というものに興味のある方ではないので(食べることは好きですが)、意識してみたこともないんだと思います。たぶん、それなりに季節の料理があるんではないかと思いますが、でもレストランのメニューは、確かに夏も冬も特に変わりありません。
ただ、季節の海産物だとか、野菜だとかを使った料理はありますので、それが私の言う季節の料理にあたるのかも知れません。

でも、やっぱり日本料理ほど顕著ではないようにも思われます。
それがなぜかと考えると、まあ理由はいろいろあるのでしょうが、私は難しいことを考えられるようなアタマを残念ながら持ち合わせていないし、長くなりますのでここでは割愛させていただいて、「どうやら欧州のあのあたりの食べ物には、日本で言うほどの"季節性"はないようだ」という風にしておきたいと思います。

こういうところからも、日本人の季節に対する敏感さというものに改めて気づかされる思いがいたします。ルールというほどの厳しいものではありませんが、季節外れはなんだかしっくりこないという感覚が、私にはどうしてもあります。

料理の他に「衣替え」の習慣がそれなんですが、いくら暑いとは言え、6月に盛夏の格好をするのは「まだ早い」というふうに、考えるというよりは感じてしまう。
例えば、今年の夏は大きな柄のマキシ丈ワンピースが流行していますが、あれを6月ごろに着ている白人や海外(欧米)で教育を受けたらしき香港人を見かけました。気温からすれば、あれを着るに充分な暑さであり、ちっともおかしいことはないのですが、やっぱりなんだかまだ早いような気が、どうしてもしてしまうのです。
だからって、彼女たちにあれこれ注意するわけでもしたいわけでもありません。本人が着たいものを着ればヨロシ。ただ、自分で洋服を選ぶときに、あれはまだ出さないだろうな・・・と思うわけです。


なんだかまとまりがなくなってきたのでそろそろやめますけれども、とにかくそんなことを改めて考えさせられた今日この頃・・・ということです。

Comment

確かに日本は四季がはっきりしてるぶん
その季節ごとのお料理とかお洋服とかありますよね。

わたしも香港にすんでても「おでん」は冬だし
「冷麦」は夏にだけ食べます。

ところで私もブログを始めました。
「おしま香港生活」←見に来てくださいね。
urlに何故か入力出来なかったのです。すみません。
  • 2009/08/13 19:05
  • みーこまま
  • URL
  • Edit
■みーこままさん
やっぱり、もう細胞にしみこんだ習慣なんでしょうね。
私も、外国に暮らしても、大きくは変えられません。

urlが入力できなかったのは、
「http://」が禁止ワードになっていたためです。
スパムをはじくために設定してあったんですよ。
暫定的に解除したので、よければもう一度お試しください。
本文中で「ttp://」などとしていただいても、
読むほうには「アタマにhを足すのね」と分かりますので、
それでもいいですよん。
お手数おかけいたします。
あーよかった(゜∀゜)
おしまっちが禁止ワードかと思っちゃた★

ぜひ見に来てくださいね。
今年は全く夏を感じられていない檸檬です。

外に出る=客先訪問

が殆どで、移動中の車の中は凍えるほど冷えています。オフィスの中も然りです。

服装も、毎日長袖です。しかもニットのカーディガンとか羽織っちゃってます。衣替えの時に夏物を出したは良いものの、一向に着る機会がありません。
・・・つまり週末は家に引き篭もっているということですね(泣

唯一夏を感じる時、それは移動中の車の中から見る入道雲でしょうか。あれを見るのが私の小さな幸せでございます。

誰か、私にも夏を!
  • 2009/08/14 16:39
  • 檸檬
  • URL
  • Edit
■みーこままさん
確認いたしました!
案の定スパムが増えたので、また「http://」は
禁止ワードにしておきます。
ご不便をおかけいたします。


■檸檬ちゃん
ううん、妙齢の乙女がもったいない!
ま、お仕事が忙しいんじゃね、仕方もないけどぉ。

入道雲はいいよねー。私も大好き。

だれか、檸檬ちゃんにも夏を!
  • 2009/08/16 11:41
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。