タコスとムース

  • Day:2005.03.30 18:43
  • Cat:厨房
3月30日 (水)   のち曇り

相変わらず素敵奥様道に日々精進しているbonnbonです。今日は雨が降っているので洗濯の一日でした。
さて、素敵奥様というと手作りは基本中の基本のようなので、昨日の夜はいろいろと手作りにしてみました。まあ、料理というものは手作りじゃなければ何なんだ?というわけで、手作りでなければ「料理」ではありませんね。「食事」は手作りである必要はありませんが、「料理する」とは「手作り」なわけです。
と、どうでも良いことを主張してみましたが、とにかく、昨日はトルティーヤを作ってみたというわけです。あのドリトスを大きくして折り曲げたような固いやつではなくて、ソフトトルティーヤというやつです。
さて、それをどうしたかというとラップサンドにして食べました。でも、テーブルの上で好きなものを載せて巻く、またしても「自分で巻く行為を楽しむ」というピタと同じような趣向です。殿にも、「この自分で巻くっていうところに楽しみがあるのよ」と念を押しました。
さらにこのトルティーヤには、それ以前に作って焼く楽しみというものがありました。そしてこれは創造意欲を満足させるに足るものでした。しかも簡単なうえ短時間で済む作業なので、疲れもしなければ飽きもしません。

台所に小麦粉はありませんか?ありますね?さあ、みんなも腕まくりをして始めましょう!

bonnbonのソフトトルティーヤ(6枚分)
用意するもの: 小麦粉(180g)、水(80㏄)、塩(ちょっと)、油(ちょっと)、ベーキングパウダー(なくても出来る)
1、材料を全て混ぜる
2、混ぜる
3、こねる
4、気がすむまでこねる
5、生地を6等分する
6、伸ばす
7、テフロン加工のフライパンで片面1~2分くらい焼く(少し焦げ目ができるくらい。油は使わない)

出来上がり♪
あとは、好きなものを巻いて食べるだけです。

注意!: 焼きあがったものはラップやアルミフォイルで包んで、湿気を逃してパリパリになってしまわないようにしましょう。


さらに、素敵奥様道の探求者としては、デザート類も手作りが好ましいのでは!?と思い、フランボワーズのヨーグルトムースを作ってみました。どちらかと言うと、スーパーでなんとなくゼラチンを買いたい気分に駆られて買ったは良いけれど、使い道に困ったので作ってみたという方が近いかもしれませぬ。
殿は美味しいと言っていたし、私も美味しいと思いましたので成功です。

bonnbonのフランボワーズのヨーグルトムース
用意するもの: ゼラチン(小さじ1)、水(大さじ1)、ヨーグルト(加糖。100g)、ラズベリーの缶詰
0、ゼラチンを水でふやかす
1、ヨーグルトにラズベリーを混ぜる(缶詰のシロップと果肉をスプーン5~6杯くらい)
2、ふやかしたゼラチンを電子レンジで20秒くらい温める
 (ラップなし。沸騰させないこと)
3、1とよく混ぜる
4、冷蔵庫で2時間くらい冷やし固める

出来上がり♪

フルーツやヨーグルトを変えて、いろいろな味を楽しめます。


写真はありません。でも美味しかったです。

Comment

おぉ~!
トルティーヤ作れるのねぇ~!
今まで買ってたよ、、、こりゃいいっ!
今度このレシピ真似させてもらいまふ♪

■がー子ちゃん、
トルティーヤ、買うと高いんだもの。
がー子ちゃんの大好きな手順で作るからね、きっと楽しいよ。
  • 2005/03/30 21:42
  • bonnbon
  • URL
  • Edit
トルティーヤってとうもろこしの粉を手に入れることを考えると二の足踏んじゃってたんだけど、(高いしさあ)小麦粉でもありなのね。

てか、クレープとの違いは?!
  • 2005/03/31 23:09
  • ちょい
  • URL
■ちょいさん、
トルティーヤには、とうもろこしの粉を使ったものと、小麦粉を使ったもの(フラワートルティーヤ)の2種類あるらしいのです。味や食感が違うのかな。
クレープ生地は白いものは小麦粉で作りますが(本場ブルターニュではそば粉で作るのもある)、牛乳や卵も入れるし、こねたり伸ばしたりもしないですよね。あれはどちらかと言うとさらっとしたホットケーキの液みたいなものですかね。
  • 2005/04/01 10:20
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。