読んで、読んで、読んで・・・

  • Day:2009.10.20 13:07
  • Cat:書房
10月20日 (火)   曇りだけど雨の予感!

ウロコ雲 ハワイ
<一面のウロコ雲>

美智子様におかれましては、お誕生日おめでとうございます。どうかどうかいつまでもお元気で。

昨日はね、一昨日みたいに「曇りと思いきや晴れ!」という天気になるのかと思ったら、雨でした。友人宅で接待上手な猫のT氏をさんざんなでなでして、ソファーの上を毛だらけにしたあとおいとましたら、外は雨。土砂降りってほどでもなかったので、大事無かったんですけれども。そんなわけで、今日も雨の予感です。

おかげさまで、昨日は11時半ごろか12時ごろには寝ることができました。朝8時半までぐっすり。しかし今日もまだひきつづき眠いので、映画を観にいく予定にしていたのはやめて、家でアイロンでもかけようかと思います。思っているだけですが。

「しゃばけ」シリーズの4冊目もついに読み終わってしまい、同時進行で読んでいたその他の本も読み終わってしまいました。
その他の本とは、お優しいマダムMにいただいた、ありがた~い日本語書籍3冊なんですが、これがまた面白くってねぇ。どんどん読んでしまうんですの。そのうちの2冊、同じ著者のものをすっかり読み終わってしまったので、昨日の夜から最後の一冊に入りました。



私が大好きな講談社現代新書。(装丁が以前の素敵なデザインからもっとシンプルなものになってしまって、魅力が7割減) 「アジア菜食紀行」という本です。今は第一章のインドのベジタリアンについて。
これを読んでいて、ふと疑問に思ったことがありました。

少し前、キャセイで東京へ帰るとき(満席で直行便がとれずに)台北経由の便に乗りました。このルートは、台北までに軽食、台北から東京の間でちゃんとした食事が出ます。
私は相変わらずインディアン・ベジタリアンを注文してあったので、台北までの軽食もそれにそうものが出てきたんですが、それが「しいたけサンドイッチ」でした。シイタケをはじめ、全てのキノコ類とのお付き合いを固くお断りしている私には嫌がらせとしか思えないくらい衝撃的なサンドイッチでした。

ここで話を昨日読み始めた本に戻しますと、インドにはジャイナ教という一般的には厳格な菜食主義が戒律のひとつとなっている宗教があるんですが、これではキノコ類も避けるべき食べ物ということになっているそうです。
飛行機の特別食でインディアンベジタリアンを注文する乗客の中には、私のように、ただ野菜のカレーが食べたいという者の他、もちろんジャイナ教徒もいるんではないかと考えられます。あのときは、「まあキノコもベジタブルだしね・・・」と諦めたのですが、本を読んで、ここでキノコが出るってのはどうなのよ?と疑問に思った次第です。どうなの、キャセイさん?


さて、これを読み終わってしまったらどうしよう・・・と考えていたとき、思い出しました。
そうだわ!(゚∀゚) 私にはまだ日本から持ってきた本が何冊かあったはずよ!
確か、慶次郎縁側日記シリーズです。まあ、これも面白くってすぐに読み終わってしまうのですけれどもね。
あと、PC上では「続・足長おじさん」のオリジナルである「Dear Enemy」を読んでいるんです。これがまた面白くってねぇ・・・。いやー、ホント。分からない単語も多いんですけれど、そんなのも気にならないの。
しかしこれはPC上で読むというのがどうもアレでして・・・。私はやっぱり本は紙のものを手に持って読むのが好きなのです。プリントアウトしても良いけれど、数百ページとなるとそれも気が引けます。


いろいろと難はあれど、物騒な、また悲しいニュースの多い時代に、今日もこうして平和に好きな本を読めるということに感謝。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。