Mousse au Chocolat Blanc

  • Day:2009.11.06 15:10
  • Cat:厨房
11月6日 (金)   晴れ

ドア飾り
<ΙΗΣ>

暖かさが戻ってきました。やっぱり衣替えはまだまだ先になりそうですわね。

昨日、思いつきで白いチョコレートムースを作ってみたら、とぉっても美味しかったので、今日はそれを自慢しようと思います。

簡単に作れるので、太っ腹なわたくしはここでレシピすら皆さんと分かち合ってしまおうと思います。皆も作って、食べて、太っ腹になろう!

bonbonのホワイトチョコレートムース

用意するもの:(5人分くらい)
板ホワイトチョコレート(100gくらいの一枚)、エバミルク(200ccくらい)、ゼラチン(小さじ一)、水(大さじ一)、砂糖

1、ゼラチンを水でふやかしてほっときます
2、チョコレートを湯せんにかけておきます
3、その間にエバミルクを角が立つくらい泡立てます
4、2のチョコレートを泡立てたエバミルクに混ぜて、
  そこに砂糖を入れて好みの甘さにします
5、ふやかしたゼラチンを温めて液体にして、
  4に混ぜます
6、そのまま、またはグラスなどに入れて
  冷蔵庫で固めて出来上がり

今回は、グラスの底に缶詰のラズベリーをジュースと一緒に少し入れて、その上からムースを注いで固めました。

ポイント: ゼラチンを温めなおすとき、沸騰させてしまうと固まる力が弱まってしまうので、電子レンジを使う場合は注意しましょう。私は、チョコレートの湯せんに使ったおなべで、4の工程のあいだ湯せんにかけてます。



お気づきのように、ムースだけれど卵を使いません。というわけで、本当のムースというよりは、ムースもどきです。でも、食感は変わらないように思われます。(私のストライクゾーンが広いだけかもしれません)
だいたいこっちの卵は、加熱せずに食べるにはちと勇気がいりますし、卵を卵黄と卵白に分けで泡立てるという工程が面倒だし、洗い物も増えますしね。
エバミルクじゃなくて生クリームでも同じように作れますけれど、エバミルクの方が軽め(あっさりとでも言いましょうか・・・)の味わいになります。低脂肪のエバミルクを使うと、脂肪分をもっと抑えられて、物理的な太っ腹への道から少し遠のくことができます。
普通のミルクチョコレートを使えば、普通の茶色いムースができあがります。こっちも美味しいので、ぜひお試しあそばせませませ。


ああ、今夜もこれをデザートに食べるのが楽しみだなぁ。(グラス5つ分もできてしまったため)

Comment

晴れってなに?
  • 2009/11/07 13:32
  • BlogPetのもも代さん
  • URL
へー、エバミルクを泡立てるという発想はなかったです。

手作りはちょっと手間ですが、
おいしい洋菓子って香港では少ないので
家で作ったほうがカンドーするかもね。

私も卵を使ったムース系は怖くて作れません。
  • 2009/11/08 10:22
  • Hachi
  • URL
  • Edit
■もも代さん
曇りがなくなってスカーッとすることよん。


■Hachiさん
香港では、美味しいお菓子を探すよりも自分で作ったほうが早い!
・・・ちょっと悲しいけど、事実だよね。(笑
ま、別に美味しいムースが食べたかったわけじゃなかったんですが、
ちょっと気まぐれに作ってみたら、
簡単で美味しかったと、そういうわけです。
Hachiさんも作ってみてね。うふ。
  • 2009/11/08 15:54
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。