冬のムヒ

  • Day:2010.01.15 17:05
  • Cat:葯房
1月15日(金)   晴れ   
小正月

エビ パタヤ タイ
<エビさん>

両腕のかぶれみたいな発疹ですが、治まる気配を見せず、今日はもうどうにも痒くって仕方がないので、病院に行ってきました。
実は昨日の夜、ワトソンズの薬剤師さんに症状を見せてステロイドが1%入った塗り薬を出してもらったんですけれども、これが効かないの。まあ塗らないよりはまだましなのかもしれない・・・気がするけど・・・という程度なので、こういう痒みはとにかく冷やすと楽になることが多いことから、痒いところ全部に液体ムヒを塗ってみました。両腕と両脚。そしたら、これは効くじゃないの。とりあえず痒みはずっと楽になりますよ。すごいぞ、ムヒ!

しっかしまあ、こんなにスースーするものを両腕と両脚に大々的に塗布したら、もう寒いのなんのってね。まったくバカみたいな話ですけれど、本当に寒いです。でも痒いよりはマシ。

さて病院では、皮膚科(今日は専門医がいませんでした)ではなくちょっと皮膚科の知識のあるGP(一般総合医)にかかったんですけれども、彼も診断しかねる様子でありました。

私はタイ滞在中に喉が痛いのが悪化してお医者にかかってペニシリン系の抗生剤を処方されたんです。昨日の朝発疹が出るまでのあいだのことをいろいろと思い返してみたけれど、これ以外思い当たる節はなし。しかし、素人判断でもこの発疹のタイミングが一般的なペニシリンによる発疹よりも遅めであると思ってました。
そんなことも交えながら、飲んだ薬や塗った薬を持参してざっと経過を説明しましたら、

医師 「ふーむ。なるほど。ペニシリンですかネェ。
    しかし、ペニシリンにしちゃあ遅いんですよね」
ぼん 「そうですよねぇ」
医師 「でもま、もしかしたらってこともあるから、
    今後はペニシリンは避けるとよかろうね」
ぼん 「ええ。そうですね」

ぼん 「それで、発疹が出てからこれを塗ったんですが・・・」
   (ステロイド形の塗り薬を見せる)
医師 「うん。で、効かなかった?」
ぼん 「効きませんでした」
医師 「ああそう・・・」
ぼん 「それから、あまり痒いんでこの痒み止めの薬も飲みました」
医師 「どう?それは効いた?」
ぼん 「最初は効いたようでしたが、数時間後からは
    まただんだん痒みが戻ってきて
    24時間は持ちませんでした。今日はまだ飲んでません」
医師 「ああそう・・・」
ぼん 「これは効きました。今日はこれを塗っています」
   (液体ムヒを見せる)
医師 「ああ、それ・・・。ほほぅ」

医師 「飲んでた薬はそれだけ?他にはないですか?」
ぼん 「これだけです」
医師 「香港に戻ってからは?何か変わったものは食べなかった?」
ぼん 「特に思い出せるものはありません」
医師 「新しい洋服とかは?」
ぼん 「いいえ」
医師 「よく眠れてる?ストレスなんかはない?」
ぼん 「働いてませんし、あんまりストレスは感じません」
医師 「ふむぅ~・・・」

医師 「しかしマ、発疹が左右対称であるし、
    体内で起こっているアレルギーが
    皮膚に出たことには間違いないと思います。
    その原因が、現時点ではハッキリしませんが」
ぼん 「ええ」
医師 「ペニシリンもねー、ときどき服用終了してから時間がたって
    発疹が出るってこともあるしね、
    ちょっと遅いけれど可能性はありますよ」

医師 「とにかく、発疹を抑える飲み薬を二種類出しましょう」
ぼん 「それで痒みは抑えられますか?」
医師 「発疹が出なければ痒くないはずですからね」
ぼん 「わかりました」

ぼん 「この効かなかったクリームはもうやめた方がいいですか?」
医師 「うん。やめなさい」
ぼん 「これはどういう場合に塗るクリームなんですか?」
医師 「いや、本来なら
    まさにあなたのような症状に効くクリームなんですよ。
    なぜか今回は効かないみたいですけれどね」
ぼん 「なるほど」
医師 「だから、ムヒが効くなら、ムヒを塗っておきなさい」

医師 「お酒や辛いものは避けてね。
    あと部屋もなるべく涼しく保ってね」
ぼん 「石けんは避けた方がいいですか?」
医師 「石けんは大丈夫ですよ」
ぼん 「わかりました。ありがとうございました」


というわけで、原因は不明のままですが、とりあえずもらったお薬で発疹を、そして痒みを抑えることができますように。もちろん、数時間おきにムヒを塗りますから、今夜はムヒをプンプン臭わせつつ布団に包まって、さらにガタガタ震えることでしょうけれど。

いやー、皆さん。寒いときにムヒとかキンカンのお世話になるような事態は出来るだけ避けた方がいいですよ。ホントに。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。