新疆料理(深圳)

  • Day:2010.02.10 16:40
  • Cat:食房
2月10日(水)   晴れ・・・って言うか曇り

食べ物 新疆拌麺 シンセン
<新疆拌麺12元>

いきなり初夏のような香港です。ただ今、25度です。今度の日曜日は春節なので、お天気の神様は一応寒くしといた方が角が立たないとお考えなのか、金曜日の夜からちょっと気温が下がる模様。(ただ、週間予報なので本当のところはわかりませんが) 下がるっても15度前後ってところで、例年の寒さに比べると生暖かい感じですけれど。しかしマ、実際に15度になると寒いもんですけれどもね。


さて、そういうわけで(昨日の続き)、昨日は羅湖に行ってきました。春節前は軽犯罪が増えるので、いつも以上によく注意して行動しましてよ。すられても後悔が少ないよう、クレジットカード(どうせ使わない)の入ったお財布は持たず、小さなお財布に香港ドルは100ドルくらい入れて、人民元も400元くらいしか持ってきませんでした。それだってすられたら嫌ですけれどもね。念のため、いつも着けているダイヤの指輪なんかもしないでおきました。転ばぬ先の杖です。

バスの中や羅湖駅前は、大きな荷物を持った里帰りする人たちがたくさんいました。そうか、そうだよね。春節前は帰郷ラッシュだよね。

2時に出発して、3時にはシンセンの羅湖に到着。お腹がすきましたけれど、まずは改衣屋さんへ行ってブツを預けます。商業城内はしょっちゅう店が変わるので、行きつけというのはありません。確か5階の布城の端っこに改衣屋が並んでいたはずなのでそこへ向かうと、アラマ!みんな春節休みに入っちゃってました。布城自体、営業しているのは半分くらい。そうか、そうだよね。もうすぐ春節だものね。

下の階にもあったはず・・・ではあるけれど、なんせ商業城での改衣は数年ぶり。かつてあったあの改衣屋ゾーンはもうありません。どうしてもなければ、その辺の洋服オーダー屋でもやってくれるはずですが・・・。とりあえず布屋さんのお姉ちゃんに「改衣って5階だけだっけ?」と訊いてみたら、「下にもあるよ。4階とか3階とか」と教えてくれました。
4階へ行ってみるとそれらしき店はなく、ないなー・・・と思いながら歩いていると、あった!一軒だけ見つかりました。オーダー屋ではなく、改衣専門らしきところです。「新しいチャックをつけてください」と持参したズボンを見せると、「チャックね。あいよ。15元ね。あとで取りに来て」とおばちゃま。預かり証も何もくれませんでしたが(くれるところが多い)、そういうのはないとのことだったのでそのまま預けました。
ああー、新しいチャックで15元。安いわ。香港じゃ、簡単なズボンの裾上げだって20ドルはしますのよ。シンセンに持ってきて良かった。

さて、商業城を出ていよいよ腹ごなしです。
最初は餃子が食べたかったけれど、香港ではあんまり食べられない新疆料理を食べようと思いなおし、家を出る前にOpenriceで調べておいたのです。バスに乗ればすぐのところのようなので、ちゃんとバスも調べてから出発しました。バス乗り場へ行くと、乗るべきバスがそこに。乗り込んだら程なくして発車しました。車掌のお姉ちゃんに「金威大厦」と告げると、「え?そこは停まらないよ?」と予想外のことを言われてちょっと焦りましたが、私の下調べによればこのバスなら3つ目の停留所のはずなので、「三つ目まで」と言いなおして運賃(2元)を支払い。バスは確かに私が調べたのとは違う道を進み、三つ目の停留所は地王でした。
わたしの下調べによれば、めざすレストランはもう一本南の道にあるはず。レストランは、ここから南東を目指せばいいはずです。地下鉄の駅の地下道を通って道の反対側に出て、南に進み、目指しているはずの道路まで行くと、東の方角に「金威大厦」が見えました。よしよし。

レストランは、金威大厦のすぐ横の路地にあるはず。路地を入ったら、あったぁ!!わーい♪


大きな地図で見る




シンセン 馬記 レストランシンセン 馬記 レストラン メニュー
<こんなお店><メニュー一部>

<拡大できます>


もう4時ごろだったので、開店はしているけれどもお店は空・・・?準備中か?と思いきや、一組いました。一組いるってことは大丈夫だろうと思ってお店に入ると、頭にスカーフをかぶったお姉さん(新疆とかあっちの方の人なのでしょう)は戸惑いの面持ち。もう一組のお客に缶飲料を出しつつこちらをうかがって、一応注文をとりにやってきました。
「このね、新疆拌麺ってやつひとつ」と注文すると、「はい。でも麺はちょっと時間がかかりますけどいいですか?」と訊いてくる。
 ぼ「時間がかかる?どれくらい?」
 姉「10分くらい・・・。まだお湯が沸いていないので・・・」
ははぁ、なるほど。おそらく、普段ならお客のいない時間帯かなにかで、火を落としてしまったのでしょう。別に急ぐわけでもないので、了解して待つことにしましたが、缶飲料を飲み終わったもう一組は、「そんなに時間がかかるならいらないわ。これだけ払うから」と、飲み物代だけ払って出て行きました。
その間にもう一組お客がやってきて、こちらは別の店員に牛肉麺を注文。この店員は20分はかかると言い、彼らは「それじゃ一回りしてまた戻ってくるわ」と言って出て行きました。

さて、およそ10分後に私の新疆拌麺が運ばれてきて、それと同時くらいにさっきのお客さんが戻ってきて牛肉麺を注文。そっちは5分もせずに出てきました。お鍋のお湯が沸いたんでしょう。

新疆半麺は冒頭の写真のものですが、美味しーい!ああ、シンセンに来て良かったわぁ。こんどは牛肉麺とかにしよっと。うふふん。

さ、お腹もいっぱいになったし商業城へ帰りましょう。行きに乗ったバスが予想外のところへ行ってしまったのは、何故だったのかしら。あの番号で間違いないはずなんだけどもなー・・・と思ったら、判りました。私が乗ったのは「302路」なのですが、正しくは「K302路」だったようです。他にもいろいろなバスがあります。

次回もここへやって来たい気持ちはあるのですが、でも他にも行きたいレストランがいっぱい!この次はまた別のところへ行きましょう。

さて。商業城の改衣屋へ戻ると、私のズボンのチャックがきれいになってました。15元払ってミッション終了。あとは商業城内をブラブラして、大してほしくもなかったピアスだのネックレスだのブレスレットだのを買い(どれも言い値の1/3以下まで交渉してから買ったんだけど)、まあ平均的には、交通費を考慮に入れても香港よりも少し安いくらいだったでしょうかネェ。

あーあ、楽しかった。シンセン万歳。

Comment

どこかで見たことがある、と思ったら、前のうちの下ですね、ここ(笑
ここ、美味しくないと有名だったから実は一度も行ったことが無かったんだけど、美味しかった?一度ぐらい試して見れば良かったわ。
  • 2010/02/13 18:36
  • 檸檬
  • URL
  • Edit
■檸檬ちゃん
あら、そうだったのね。
舌の肥えたシンセンの皆さんにはどうだか分かりませんが、
飢えた香港在住の私には美味しかったんですのよ。
  • 2010/02/18 16:15
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。