MTRにムカッ!

  • Day:2010.06.03 16:03
  • Cat:本堂
6月3日(木)   晴れのち曇り・・・のち雨の予感

桜 増上寺 地蔵 2010
<お地蔵さんと桜>

スライサーのおかげでちょっと角が取れて穏やかになった私の右手薬指は、ぐんぐんと快復に向かって前進中。いや、持ち主はぐうたらでも、細胞の一つ一つは毎日毎秒けなげに働いているんですなァ。ありがたいことです。

え、さて。久しぶりに香港の時事など。


と申しましても、先日あった選挙のこととか、2012年政制改革についてとか、そういうあれじゃなくてですね(よく理解していないので、語れません)、MTRの運賃についてです。


ここをお読みの香港にお住まいの皆さんも、お抱え運転手などがいなければ、お出かけの際はMTRを利用なさっていることと思います。ま、香港の鉄道はもうMTRしかありませんのでね、電車で移動しようと思ったらどうしてもMTRになってしまうわけなんですが、このMTRが、今月13日からまた料金を値上げするんですよ。
値上げは今までにも何度も行われてきたことで、それ自体はそうそう大きな問題というわけでもないのですが(この不況でも利益の大きいMTRが、日々失業率の高まる今このタイミングで値上げ実施するというのはけっこう大きな問題だとも思いますが)今回はなんと、利用ルートによってはオクトパスカード料金が片道切符料金よりも高くなるということでいつも以上に注目されています。

ま、値上げといってもいきなり1ドル高くなるとか、そういった大きいものではなくて、20セント、30セントといった程度らしいんですが、それにしたって最低賃金が時給にして20ドル程度(またはそれ以下)の香港で、毎日往復MTRを利用する人たちにとっては大きな出費でしょう。しかも、今まではオクトパスカード料金が切符を買うよりも安く設定され、それがオクトパスカードを普及させる要因ともなってきのに、今後はオクトパスを使う経済的メリットがなくなってしまいます。ここに、香港市民は疑問を持っているわけですね。
まー、私は毎日利用するわけでもないし、その程度の値上げなら別に痛くも痒くもないんですが、憤りを覚える人々の気持ちもよくわかります。


それよりも私が納得いかないのは、去年オープンした西鉄の柯士甸站(オースティン駅)です。
これね、うちの近所だもんですから、目的地によってはこの駅を利用するのが私にとっては非常に便利なんですけれども、皆さんご存知でした?この駅を利用すると、ルートによっては西鉄の他の駅を利用するよりも運賃が高くなるんですよ。別に今に始まったことじゃなくって、この駅のオープンからずっとそうなんですけれどね。
ATV電視のニュースはこちら

例えばね、西鉄の端っこであるホンハムから、チュンワン線(赤い線)に乗り換えられる美孚(メイフー)まで乗ったとしましょう。すると料金は、6.1ドル(切符を買うと7ドル)となります。因みに、ホンハムからメイフーまでは4駅です。
さあ、オースティンから乗ってみましょう。すると、6.6ドル(切符は7.5ドル)です。乗車区間は二駅短くなるのに、運賃は上がるんですよ。(調べてみたら、尖東駅を利用してもオースティン駅利用と同じ料金になりました)

納得いかないでしょ?これについて、新聞に怒りの投書があったのを駅がオープンした当初に読んだんですが、これについてMTRからの返事は、「オースティン駅は立地が九龍駅と近いため、運賃は九龍駅から出発したのと同じようにしている」と、そういうことでありました。ぜんぜん納得いきませんねー。九龍駅と近いったって、地下道でつながってるわけでもなし、同じ駅構内で九龍駅を通る路線に乗換えができるわけでもなし、全く別の駅じゃありませんか。屁理屈としか思えません。(こうなると、尖東から乗っても同じ料金になるのも、尖東が尖沙咀駅と近いから・・・という理由でしょう)

競争相手がいないのをいいことに、こうやって利用者の足元見てねぇ。全くもって許せませんわ。オースティン駅利用で運賃があがることについては、今後見直しを検討することもやぶさかではない・・・ということでしたけれど、なんなのかしらその高飛車な態度は。気に入らないわ。


しかし最低賃金が時給20ドル以下ってのも、驚きの事実ですよ。ファーストフード店のバイトとかの時給が吃驚するくらい安いってのは知ってましたけれども、それ以外でも20ドル以下の人たちがいたなんて、まったく心が痛みます。この方たちは、なんと一時間頑張って働いても、ファーストフードのセットも買えません。上記の、オースティン駅~メイフー駅の往復なんか、1.5往復しかできません。
香港は家賃以外の物価が低く抑えられていますけれど(値段設定がピンキリなので一概にも言えませんが、平均的に全てのものが高価な日本に比べると、お金がなければないなりにやっていける街であると思います)、その影にはこうした驚くほど低賃金の労働者がいるってわけですね。ありがたいやら申し訳ないやら・・・。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。