坂の上の餃子

  • Day:2010.06.23 19:25
  • Cat:食房
6月23日(水)   晴れときどき雨ときどき曇り

レストラン 食べ物 餃子
<餃子麺>

香港はいよいよ夏です。連日30度を超える気温と、息苦しいような湿度です。しかもここ二週間くらいは降ったり止んだりの雨が続いています。その雨もすぐに止むのもあれば、けっこう長く降り続いたりして、とにかくスッキリしません。毎年のこととは言え、やんなっちゃうわネェ。

ここまで暑くなる前に、一度バスの窓から見かけてそのあと半年くらい気になっていた餃子屋さんへ行ってみました。その店構えが「うちは美味しいですよ」って語りかけるような感じでして、行かずにはいられない!!というくらいだったのです。ああ、一目惚れってこういうことを言うのかしら・・・。


そのくせ半年も放っておいたのはどういうわけかと申しますと、ここがもうこの上なく行きにくい場所だったんでございますの。距離的にも遠いんですけれど(とは言え、尖沙咀~上環の移動ですが)、上環の駅からさらに歩くのです。普通に歩くだけならまだいいけれど、坂なんですのよ。それも心臓破りの急勾配。日ごろ運動不足の私なんか、坂の中腹で星が見えるほどです。

そういう行きにくい場所へ行くには、MTRとバスを駆使するのが常なんですけれど、中環~上環あたりというのは一方通行ばかりで、車だと、いわゆるミッドレベルのあたりまで上がるために文字通り右往左往することになるんですの。つまりね、麓から坂の上にあるその目的地まで最短の直線で上がれないのです。一直線で上がる道もあるんですけれど、階段だったり、車が入れない道だったりするんです。

なんか、悔しいじゃありませんか。ここをこう素直に上がれればそれほどの距離でないものを、わざわざバスに乗って遠回りすることになるなんて。
最も悔しいのは、このレストランのある道とMTRの駅のある麓を結ぶ件の心臓破りの坂道は、実は車が通れる道なんですが、それがこともあろうに下りの一方通行だということ。こんなに悔しいことってあるでしょうか。

そういうわけで、半年近く「行きたい・・・けれど、回り道は面倒くさいし悔しい」とわたくしは心を千々に乱し葛藤していたというわけです。


しかしまあ、そう葛藤しつづけているといつまで経っても行くことができませんから、ここはひとつ悔しいけれどもバスに乗ってやることにして、行ってきました。このバス停がまたMTRの中環駅から微妙に行きにくいところにあってネェ・・・、どうしても私に悔しさを味あわせたいようです。
15分ほどバスを待ってやっと着たのに乗り込んで、さらにレストラン近くの停留所まで20分以上は乗ったでしょうか・・・。なんて長旅なのでしょう!

餃子麺
<ナントカ餃子ナントカ麺>

そうして苦労してたどり着いたご褒美がこれです。いやぁ~美味しかった!相変わらず大陸の餃子に比べると香港のそれは2倍くらいの大きさですが、餃子は期待どおりの味でした。他にも食べたいものがいろいろとあったので、またいつか行かねばなりませぬ。頑張ろう。



<<京川餃>>

Comment

素晴らしい!作ってみます。所変われど、人間考える事って似てますね。
  • 2011/12/08 09:33
  • ローズ
  • URL
  • Edit
■ローズさん
おお?餃子をお作りになるんですか。
うちは殿がお好きじゃないので最近作っていませんが、
餃子作りは楽しいですよね。
美味しくできるといいですね。
  • 2011/12/08 14:07
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。