夏の読書(2010)

  • Day:2010.07.08 19:02
  • Cat:書房
7月8日(木)   晴れ

料理 そうめん
<ねぎラー油そうめん>

昨日は小暑でしたが、香港ではすでに夏本番。熱中症で死者も出ております。みんな気をつけましょうね。

こう熱いと食欲は落ちて当然。わたしなど、屋内にいるときにはそれなりに食欲があっても、屋外に出てこの熱さにされされるととたんに食べる気がなくなります。少し歩けば頭痛までしてきます。熱さのせいとは分かっていますが、こんなに影響されやすいのはよろしくありません。「鈍感力」というやつを身につけて、厳しい季節を乗り切りたいものです。


私は年がら年中読書しているので、特に「夏の」というわけでもありませんが、最近読んで特に面白かったものを紹介します。


三島由紀夫ですが、チョー面白かった!いや、他の三島由紀夫がつまらないっていうわけではございませんのですが、三島由紀夫の純文学、例えば「金閣寺」とかって読みにくくありません?言葉遣いがというか、文体がというか、私なんぞは入り込むまでに時間がかかるんですのよ。入り込めずに投げ出したものも少なくありません。純文学の中で読めたのは、そして面白いと思ったのは(つまり、ちゃんと読むことができれば面白いということでしょう)「仮面の告白」と「潮騒」の二つだけ。だもんですから、三島由紀夫とはあんまり縁がないんだな・・・と思って、半ば避けていたのですけれど、あらあらどうして、これは面白いじゃありませんか!

これは大衆文学というものではないかと思うのですが、とにかく純文学と大きく違うのはその文体、言葉遣い。とっても読みやすいのです。それでも三島は三島ですから、日本語の美しさは失いません。
登場人物が全てとても生き生きと描写されて、ところどころ「くすっ」と笑さえ漏らしてしまうほど。三島で笑うなんて、考えてもみなかったことです。読みやすさと面白さがあいまって、どんどん読み進んでしまえるのが残念です。
ストーリーももちろん素晴らしいものです。三島さんによくあるブルジョワ家庭の一人娘である夏子さんが、北海道でクマ狩りをするという、この上なく非日常を描いたもの。最後は「えええー!」という結果になりますが、これはこれで主人公の夏子さんらしく、逆にこれ以上の結末はなかろうなと読者に納得させるものであります。

私のように三島文学になじめない人も少なくないであろうと思うのですが、これはおすすめ!ぜひお読みください。




まだ途中までしか読んでいないんですけれど、おもしろーい!
実は太宰治はけっこう好きなんです。たくさん読んでいるわけでもないし、読んだものだって読み込んでいるわけではないので他言するのははばかられますが、好きか嫌いかと詰め寄られたら「好きです」と答えないわけにはいきません。
太宰治というと、どうしても「人間失格」の印象が強く、暗い・難しい・理屈っぽいというイメージではなかろうかと思います(それはそれで当たってますが)、これは違う!昔話を題材にしたもので、でも太宰訳というわけでもなく、彼独特の解釈と想像力でまったく別のお話に仕上がっています。言葉遣いなどは現代的ではないので、そういう点で読みにくさはあると思いますが、でもそこに味がありそれが魅力でもありますし、太宰の日本語の美しさが味わえます。




先月末に母が遊びに来ました。アマゾンで友人の出産祝いなどを注文して持ってきてもらうついでに、この本も一緒に注文。これはこの夏の休暇中に読むつもりでいるので、まだ手をつけていません。敬愛する東海林さだお大先生の著書ですから、一刻も早く読みたいのは山々ですが、我慢だ我慢!



そして、先日やってきた母が私のベッドの横に積み重ねられた本の山をみて、なんと次のようなことを言いました。
「あー、bonが御宿かわせみを読むんだったら、全部とっておけば良かった」

ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

えええ!そんな!!お母さん、うちにあったんですか?!
どうやら、あったようです。そして全部読んで古本屋に売ったとか。なんと・・・。ああー・・・。言葉もありません。(TдT)

Comment

暑いですね。食欲もなかなかわきませんが、ネギラー素麺美味しそうですね(o^~^o)
さっそく作ります。
御宿かわせみ、好きなんですか?ちょっと前、NHKでカバーの又再放送(?)やってましたよ。ちょっと不思議な感じのドラマだったような…
恥ずかしながら私は「陽炎の辻」にハマっておりました。
  • 2010/08/12 18:08
  • ローズ
  • URL
■ローズさん
友達に教えてもらったものなんですが、とっても美味しかったです。
今人気の食べるラー油で作ってもとっても美味しいかと。

御宿かわせみは、はまると大変なのであれ以来読んでおりません。
ああ、時代劇が観たくなってきました。
  • 2010/08/16 11:50
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。