Kate & William Engaged!

11月17日(水)   晴れ

kate william engagement 2010
<Finally Engaged>

ロイヤルウォッチャーの皆さん、お久し振りです。英国から明るいニュースが飛び込んできました。
次期国王のチャールズ王子の長男であるウィリアム王子とその長年の恋人ケイト・ミドルトンさんが正式に婚約したそうです。昨日の夜BBCで知ったんですが、それによれば婚約したのは10月中だったとか。結婚式は、来春になる可能性が高いが、夏かもしれないとのこと。

まー、私はこの二人にはあんまり興味がないので(だってウィリアムの劣化が激しくってねぇ)、「へぇー、おめでたいねぇ」くらいの感想しかないんですけれど、それにしても近年は財政難の英国王室に、王位継承権第3位にあるウィリアム王子の結婚式を盛大にやるほどお金があるのかなぁ・・・なんて考えてしまいました。
それとも、こういうのには国家予算から特別枠で出るのかしら?でもさ、英国だって景気が良いわけではないのです。ちょっと前に、英国の財政難を理由に来年度の王室予算の増額を見送ったというニュースがあったばかり。まあ、私が心配したって仕方のないことだし、けっきょくは盛大にやるんでしょうけれどね。

サファイア Kate Engagement 2010

ウィリアム王子からケイトさんに贈られた婚約指輪は、故ダイアナさんのサファイアの指輪。亡き母も仲間はずれではないよ・・・というような意味があるそうです。いい息子だ・・・。(涙)

18カラットのサファイアということですが、やっぱり大きいですねぇ~。けっこう重いんだろうな。これはさすがに王族でも毎日つけられる感じの指輪じゃありませんね・・・と思うんだけれど、英国王族は毎日つけるのか?最近の王族の婚約指輪の中では、カミラさんと並んで一番の大きさではないかしら。

私は、婚約指輪は日常的にできるくらいの大きさが良いと思うので、やっぱり例えばダイヤなら大きくても2カラットくらいまでが良いように思います。まあつける人の手や指の感じとデザインにもよりますが。最近のあれでは、オランダのヴィレム・アレキサンダー王子がマキシマさんに贈った婚約指輪が好きだな~。確か王子が自分でデザインしたんだとか。ボリュームはあるのにすっきりと上品で、これなら日常的にもつけられますな。

ともあれ、ケイトがこの指輪の前の所有者であった亡きダイアナさんのような不幸な結婚生活を送らないことを祈ります。


Hello Magazineの特集はコチラ
Royal wedding, Prince William and Kate Middleton


昨日から突然の体調不良に見舞われているんですが、症状を分析するにどうやらただの風邪。胃腸風邪も流行ってるみたいだし、今日は昨日よりは体調が良いけれど、用心して家でおとなしくすることにします。皆さんも、お気をつけあそばせ。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。