ブルーサファイア

11月18日(木)

本 2010
<本の巨塔>

ウィリアム王子の婚約がNHKニュースのトップでとり上げられていて、へぇー(日本人はそんなに英国王室に関心があったのかね?)と思ったんですけれど、いろいろなニュースに目を通していると、ウィリアムがケイトと婚約したよりも、婚約指輪があのダイアナさんの婚約指輪だったということの方が注目を集めているようですね。やっぱり亡くなってもう10年以上になるけれど、ダイアナさんが話題の中心なんだわね。

サファイア Kate Engagement 2010

さて、この18カラットのサファイアの指輪ですが、下世話な庶民のわたくしはそのお値段も気になります。昨日の時点では、

『故ダイアナ元妃の婚約指輪は、12カラットの楕円形のブルーサファイアの周りを14個の小さなダイヤモンドで縁取った指輪。1981年のチャールズ皇太子との婚約時に2万8500ポンド(約377万円)で購入されたが、現在は25万ポンド(約3300万円)の価値があるとされる。』
YUCASEE MEDIA、英ウィリアム王子、故ダイアナ妃の婚約指輪をミドルトンさんに贈る


ということで、「3300万だなんて、あら、意外に安いのね」・・・なんて考えてたんですけれど、一夜明けて今日は

『婚約を発表した英ウィリアム王子(28)がケイト・ミドルトンさん(28)に贈った亡き母ダイアナ妃の婚約指輪の価格は138万7000ドル(約1億1500万円)であることがわかった。』
YUCASEE MEDIA、英ウィリアム王子が贈った指輪は1.1億円


なんてぇことになってるざんす!
昨日の情報が間違っているのか、それとも話題沸騰で一夜にして価格も急騰?
後者だとしたら、おっかない話だよ・・。だってさ、もしかしたら、これにあやかってこの指輪に限らず市場に出回るサファイアがいっせいに値上がりするかもしれないでしょ。そうでなくたっていいサファイアはもともと高いのに、さらに高くなっちゃうなんて!
ま、私はブルーサファイアは特別好きでもないので、どうでもいいっちゃどうでもいいんですけれどね。(プレゼントとかなら、もちろんありがた~くいただきますけれど)

私はね、ルビーが好きなんです。イチゴ味のドロップのような、真っ赤なルビー。ピンクがかっていない、真っ赤っかのルビー。こんな色。
いいルビーもかなり高いので、サファイアの価格高騰に引きずられたりしないことを願います。まあ、いずれにせよご縁のないような代物ですけれどね・・・。(だって、このあいだ宝石屋さんでちょっと素敵ねと思った指輪は100万円もしたんだもん・・・涙)


こういうニュースがあると驚いちゃうけれど、庶民の私には、はっきり言って縁のない世界。宝石の価格高騰よりも、大変なのは中国の生鮮食品を含む食料品の価格高騰ですよ。香港で売られているお野菜の値段も上がりますからね。そして円高も、日本からの輸入品の値段が上がっちゃって困るんだなー。(そして、円安になったところで価格の見直しはない・・・)

Comment

体調はいかがですか??
ステキな宝石を眺めて、元気を出したいものです♪
私は9月生まれなのでサファイアがやっぱり好きですね。
しかしこんなに大きな物とは縁がないようです。。。。
  • 2010/11/19 17:06
  • みーこまま
  • URL
  • Edit
■みーこままさん
ありがとうございます。
ご心配おかけいたしました。もう大丈夫です!
相変わらず、宝石屋のウィンドウで怪しまれるほど眺めてます・・・。(笑
来週はクリスティーズのプレビューやジュエリーショーもあります!

誕生石となると、思いいれも違いますよね。
私がルビーが好きな理由の一つも、誕生石だから。
ここまで大きいのはなかなかないでしょうが、
オークションのプレビューならけっこう大きいものにも出会えますよん。
とりあえずつけさせてもらって、うっとり・・・できます。(笑
  • 2010/11/20 11:26
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。