お腹を分割!

12月10日(金)   晴れ・・・というか曇りかね

冬 空 鱗雲 2010
<12月9日朝の空>

ああ、ほらね。ぼやぼやしているうちに12月も1/3が終わってしまいました。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょう。
私は衣替えをしないといけないなという思いを毎日深めております。来週にはやります。

ベリーダンスはつづけています。相変わらず生徒は二人で、非常に贅沢なレッスンだと思いますが、先生は教え方があんまり上手じゃないのかもしれない・・・ということに今頃気づきました。いや、私の飲み込みが悪いだけなのかもしれませんから、よく分かりませんけれどね。でも、先生自体は好きなので、別にダンサーを目指そうってわけでもないし、今はあんまり不満じゃありません。

なぜそんなことに気づいたかというと、先週あたりに「ベリーロール」というような動きを習ったんですよ。いや、多分そういう名前の動きに相当するものだと思うんですが、これはアンジュレーションという胸から始まってお尻で終わる、体を波打たせる動きの逆の「リバースアンジュレーション」というものを習うときに一緒に習ったんですの。
逆というのはつまり、お尻から始まって胸で終わる波うちで、そうですねぇ・・・お腹の下の方からうなぎでもせり上がってきて口から吐き出すような感じの動きです。

その動きをやるために必要なこととして、おへそを上下させる動きを習いましたの。自分でやってみると、おへそが上下するのは、腹筋を動かした結果そう見えるということであって、本来はヘソの動きに集中するものではありません。
どんなのかってぇと、こんなのです。
サヒーラ先生によるベリーロール
別の人によるベリーロール

それで、これに状態の動きをつけてリバースアンジュレーションを完成させるそうです。こんな風になります→金髪のオバサマによるリバースアンジュレーション

で、話を本筋に戻しますと、「先生は教え方があんまり上手じゃないんじゃないだろうか」という疑惑を持ったということです。なぜか。このベリーロールをやるときにね、胃袋の辺りをグッと引いたときにヘソが上に移動するんですが、先生はただ「リフト」とさらっとおすませになる。しかし初心者にはそう言われてすぐにできるもんじゃありませんから、
「どうやってリフトするんですか?」
と聞いたら、
「どうって・・・、そうね・・・、どうやってんのかしら?とにかくこうよ、こう。まずは下腹を引っ込めて、次にその少し上を引っ込めて、次はそのままリフト、そしたら前に出して、リラックス。練習してみて」
と、どこをどう動かすとリフトできるかとそういう説明ができなかったんです。
初心者にはやっぱり、「どこに集中して、どういうイメージで、どこに力を入れて、どう動かす」ということを懇切丁寧に分解して説明していただけると助かるんです。動きを見せられても、そう動いているのは分かるけれど、自分ではどうやるんだか分かりませんからね。

仕方がないから、自習に励みましたところ、どうやらなんとなく分かった・・・かもしれない・・・ような気がしないでもありません。

お腹分割 ベリーダンス
<こんな素敵な先生です>

下から上にウナギが上がってくるような動きですので、この絵の3→2→1という順番で引き締めていきます。引き締めるのは常に一箇所のみ。つまり、3を締めているときには2と1は引き締めていません。2のときには、3と1は締めません。
で、最後に1を引き締めるときには、真っ直ぐ体の後ろに引き締めるのではなく、斜め上、あばら骨の中に胃袋を収めるというつもりでグググっと引き締め上げると、先生のやるようにおへそが上に動きます。(先生ほどの大きな移動にはなりませんが)

先日のレッスンでそれをやってみたところ、先生に「ああ、そうそう!前回よりもずっとできてるわよ!」と言ってもらえました。

うちに帰ってきてからもヒマがあると鏡の前でお腹を出したり引っ込めたりしてみていますが、それで発見!なんだか、前よりも分割して力を入れられるようになってます!
私は今まで、下っ腹を締めるとおへそ上の辺りもいっしょに引っ込んじゃって、横から見るとそこが変にへこんでいたんですが、おへその上はなるべく動かさずに、ヘソの下だけに力を入れるという感覚が分かってきた気がします。変なくびれも、今までよりも浅い。
ま、だからと言って贅肉が落ちたわけではないので、力を抜いた状態だと相変わらずぽっこりしてますけれど・・・。(涙)
でも、先生によれば、そこに力を入れられるようになるとお腹が平らになるわよ!とのことだったので、気長に頑張ろうと思います。

このベリーロールって動きを練習していると、なんだか内臓がグイグイ動かされる感じがします。内臓機能の活性化につながるかしら?

Comment

>ヘソの下だけに力を入れるという感覚が分かってきた気がします。

つまりは丹田を意識するということでしょうか?

ずっと前に知人が某フィットネスクラブの無料ヨガクラスチケットをくれたので行ってみたのですが、インストラクターのお腹が私より出ていたのを見てやる気をなくしました。
化粧品カウンターのBAさんの肌を見て買う気が失せるのと同じ感覚でした。
  • 2010/12/16 14:21
  • 馬迷
  • URL
  • Edit
■馬迷さん
丹田のあたり・・・、そういうことかもしれません。
胃は引っ込めずに、ここら辺だけ引っ込めるんです。

私の先生は、11歳の息子がいるとは思えないくらい若々しく、
お腹はまっ平らですが、
ベリーダンスの人には、けっこう豊満な感じの女性も多く、
お腹が平らなのは、一部のインストラクターだけなのかも・・・と
認識を新たにしている今日この頃。
  • 2010/12/17 14:53
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。