うそつき!!

12月23日(木)   晴れ
天皇誕生日

クリスマス 海港城 2010
<海港城之聖誕節>

天皇陛下におかれましては、77歳のお誕生日おめでとうございます。適度にお休みをとることもご公務のうちとお心得あそばして、どうぞいつまでもお健やかにあらせられますように。

・・・って、なんか日本語として正しいのかどうかよく分かりませんが、私なりに精一杯やってみました。

昨日は冬至でして、クリスマスももうすぐそこに迫り、今年も残すところ本当にあとわずかになってしまいました。欧州では、民族大移動の始まるこの時期に悪天候で空も陸も大混乱です。私たちも大移動の一員になっていなくて良かったと、ニュースを見るにつけ心から感じています。

え、さて。昨日はわたくし縫い物をしておりました。ミシンがあればあっという間に終わってしまうであろう作業だったんですが、そんな素敵なものは持っておりませんので、手縫い。直線縫いだけとはいえ、合計6m弱も縫うのは大変でした。

何を縫っていたのかと言いますと、着物の下着の長襦袢の替え袖です。厳密に言うと、私の場合は肌襦袢につける袖。
着物のあれがよく分からないわという方のために説明しますと、着物と言いますのは、一般的には
 肌襦袢(綿)→長襦袢(絹や化繊)→着物
という順序で重ねていきます。つまり、3枚着てるのね。

しかし、着物のすぐ下に着ている長襦袢は、袖の長さ(裄)や袂の長さ(袖丈)が着物と合っていないといけませんが(合っていないと袖口や袂から変に出てしまってかっこ悪い)、私のように古着なんかを買って仕立て直さずに着る場合、それらが着物によってバラバラで、長襦袢を合わせるのに苦労するということがあります。
着物に合わせて長襦袢も一枚ずつあると素敵ですが、長襦袢も安くはありませんし、裄や袖丈の合うものを探すのも一苦労です。
そこで、いつ誰が考えたんだか知りませんが、長襦袢の袖の部分だけを取り替え可能にして、着物の袖に合わせて袖部分だけ付け替えて着る「うそつき」という知恵が生まれました。(つまり、身ごろと袖の柄が違うが、身ごろ部分は着物を着てしまえば見えないので気にしない)こうすると、袖だけいろいろなサイズを持っていれば良いわけです。

さらに、この3枚をしっかり着るのは面倒くさい、又は暑いという意見もあり、本来は着物の袖はついていない肌襦袢にこの袖をつけて、本当の長襦袢は省略してしまうという知恵も生まれました。人によっては、これを「大うそつき」と呼びます。

※「うそつき」定義に少しばらつきがあるようで、二部式襦袢(長襦袢の上半身と下半身が分かれているもの)をうそつきと呼ぶ人もいるようです。
※「大うそつき」これも定義にばらつきがあり、着物の袖口から見える部分と、着物の袂の開いたところから見える部分の2箇所だけに気に入った布をあてがったものを大うそつきと呼ぶ人もいます。


インスタントくけ台 2010
<簡易くけ台>

私は今度のお正月には着物を着ようかな~と考えているのですが、暖かい香港では3枚重ねるのは暑いという理由で、肌襦袢に袖をつけることにしました。そこで昨日はその袖を作っていたというわけです。

着物の袖のサイズに合わせて、今回は縦49cm、横33cmのものを2枚(左右)作りました。
私は洋服の生地(着物の反物ではない)から作るので、一枚が縦103cm、横45cmになるように裁って、あとはひたすら直線縫いです。詳しい作り方は、こちらの図解が分かりやすいです。私もお世話になりました。
私は、袖口や袂から見えたときに一見「無双」(裏表2枚の仕立て)に見えるように、左右の折り返しを5cmくらいずつとりました。また、これくらいとっておくと縫い目も見にくくなるので、私のように手縫いで縫い目の揃わないときも安心です。

非常に単純なつくりで、縫うのも直線並縫いだけなので簡単です・・・が、何故か私は一枚縫うのに2時間もかかりました。途中のアイロンなんかも入れてですが、どうしてそんなに時間がかかったのかしら・・・?3m弱縫うのに2時間て、あまりにも遅すぎるという気がします。途中で気でも失ってたのかしら?
しかも一枚目は大きな間違いを犯し、その間違いをつくろうために一箇所だけ、やったことのない和裁のような縫い方(折りぐけという縫い方らしい)なんかもするはめになって、よけいに時間がかかりました。

午後に一枚縫って大変疲れたので、もう一枚はまた別の日にやろうと考えてたのですが、夜になるとまたやる気が出てきて、結局9時半ごろからまた2時間かけてもう一枚も縫いました。どちらもスナップをつける仕上げまではやっていないので、それは今日やってしまうつもりでいます。

途中にあるクリップのぶら下がった写真は、このために私が作った(というほどのものでもない)簡易くけ台です。このクリップで布の端っこを挟んで、生地をピンと張った状態にして縫います。生地が小さいときには必要ありませんが、長い直線を縫うときにはこれがあると楽です。


袖のあとは、体型補整タオルだ!材料買いに行かなくちゃいけません。お正月までもう残りわずかだし、急がなくちゃね。

Comment

ハッピークリスマス!
bonbonさんは、まめな方なんですね。感心しました。
日本は寒いです。
冬休みに海外に行きたいけれど、フランスの南京虫騒ぎやインフルエンザやらで、おとなしくしている予定です。
  • 2010/12/25 17:00
  • ローズ
  • URL
■ローズさん
メリークリスマス!
まめだなんて、そんな。とんでもないですわ。
香港もまた気温が下がって寒いです。
このまま新年まで寒いようですよ。
南京虫は、NYでも騒がれてましたね。
欧州は寒波で大変だし、旅行へは行かずに
家でおとなしくしているのが良さそうですね。
  • 2010/12/26 13:21
  • bonbon
  • URL
  • Edit
Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。