ピッカピカ☆

12月28日(火)   晴れ 涼しいでーす
ハママの誕生日、忘れないよ

クリスマス 2010
<雪ダルマさん>

♪♪♪
Have yourself a merry little Christmas
Let your heart be light
...

ってさ、今年のクリスマスはこの歌を覚えようと思っていたのに、私が5歳の頃の大ヒット曲「ルビーの指環」に気をとられちゃって覚えられませんでした。おかげさまで、ルビーの指環の方はバッチリ覚えましたけれども。本来のクリスマスは1月6日の光現祭までつづくので、あと1週間ちょっと、頑張ろうかな。

さて、年の瀬で大掃除なんかなさっている立派な方々も少なからずいらっしゃることでしょう。大掃除の息抜きに、お手持ちのジュエリー類のお掃除もなさってはいかがでしょうか。

私は、銀のアクセサリーを洗浄液につけて白銀のような輝きにするのが大好きで、気が向いたときにやっては独りニヤニヤと悦に入ったりしているのですけれども、手元のダイヤモンドなどは、自分で洗ってみようと考えたこともありませんでした。
しかし数ヶ月前から宝石熱が上昇してあれこれと知識を増やしているうちに、自分でも洗えるものだということが分かり、おっかなびっくり洗ってみたのです。

ダイヤモンドの指環(1)は、手にしてから5年くらいの月日が流れていたでしょうか。毎日つけているので、徐々に汚れてくるそれがなかなか実感としては分かりませんでした。ただ、なぁ~んか前はもっと光ってた気がするよねー・・・と思うことが増えてきていました。
ダイヤモンド(2)は、入手してからちょうど1年くらい。それも同じように、やっぱり前よりも輝きが鈍ってきたような気がする・・・と考えていたところでした。

家にあるもので、誰でも簡単に綺麗にすることができます。
※注意:真珠やエメラルド、トルコ石・ターコイズなんかはやめてね。
ダイヤモンド、ルビー、サファイヤなど、固くてあんまりデリケートではない石のついたものの洗い方です。

用意するもの:毛の柔らかい歯ブラシ(子供用とか)、台所の中性洗剤、ぬるま湯
0)排水口には蓋をしておきましょう
1)何か適当な器(お碗など)に中性洗剤を数滴入れて、
  それをぬるま湯で薄めます
2)綺麗にしたいアクセサリーをそっと入れます
3)5分くらいおいたら、お湯の中で振って汚れを落とします
4)石の裏などホコリのたまりやすいところは、
  歯ブラシでチョイチョイっと洗います
5)よーくすすいで、乾燥させます


これで、石も地金も思わず笑顔がこぼれてしまうくらいピッカピカ~になりますよ!
先日話を伺った宝石屋さんによれば、そんなに頻繁にやらなくても良い(2~3ヶ月に一度くらいで良い)そうですが、そのジュエリーを使用している頻度にもよりますから、私のみたいに毎日使っているものであれば、3週間に一度や月に一度くらいやっても良いそうです。
私は、銀が綺麗になるのと同じように宝石が輝きを取り戻すのが嬉しくって楽しくって、できれば週一くらいでやりたいところですけれども、そうなると感動が薄れそうなので我慢してます。
All Aboutのこちらでは、歯ブラシではなく、もっと毛の柔らかいリップブラシを使うことを推奨しています。私の買った宝石の本には、歯ブラシでと書かれていましたので、皆さんが安心できるものをお使いになると良いでしょう。

毎日使っているものから、たんすや金庫などに大事大事にしまってあるここ一番のときのための素敵なジュエリーも、ピッカピカにして新年を迎えてはいかがでしょうか。


さて、わたくしは、さっき洗ってピカピカに輝いている指輪をつけて、これから『借り暮らしのアリエッティ』を観にいってきます。ちゃお☆

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。