小印度

2月7日(月) 初五   曇り

タイレストラン 九龍城
<九龍城のタイ料理屋さん>

さ、今日から香港では概ね通常営業に戻りました。でも、レストランやお店にはまだまだ年始のお休みのところも多く、私も正月らしく餃子を食べたいんですけれど(中華圏では餃子は正月料理です)、狙っているお店は、早いところで明日から、遅いところだとあと一週間前後はまだまだお休みで、とりあえず今日のところは餃子にありつけそうにはありません。

おかげさまで、殿は比較的長めの出張から無事帰宅したのですが、時差ぼけで私まで迷惑してます。だってね、私が寝ようとしているのをあの手この手で阻止するんですから、こっちまで睡眠不足になるじゃありませんか。眠いよー!(TдT)

さて、話が変わりますが、私はもしかすると3月末ごろにマレーシアはクアラルンプールへ行くかもしれません。詳しい日程なんかはまだ決まってないし、私が行くことになるかどうかもまだ未定なんですが、行くとすれば恐らく2泊?いや3泊?

殿はあちらで所用がありまして、私は、行ったとしても独りで行動することになります。殿と行動するよりも好きなことができるので、むしろありがたい。
私をご存知の方であればもうお分かりかと思いますが、行く(かもしれない)となったら私は下調べに余念がありません。

恐らく滞在するであろうホテルの位置をKL全体の地図で確認し、そこからKLの中心地までの交通手段を調べてみました。どうやら電車やモノレールに乗れば簡単に中心地へ行くことができるようです。

ところでKLという街には、あのツインタワー以外に一体何があるんだか、私はぜんぜん知りません。そこでマレーシア政府観光局で、大雑把にどういった見所があるのか調べてみました。
ほぉ~、チャイナタウンてのがあるのね。
はぁ~、水族館なんかもあるのね。

おや?インド人街がある!!!(゚∀゚)

インド人街なるものがあることを発見したわたくしは、もう他のことはさておいてその情報集めに必死です。
どうやらホテルからはそう遠くない模様。しかも、「リトルインディア」と呼ばれる場所は、KL内に大きく分けて二つあるようで、そのうちの一つはもしかするとホテルからは徒歩圏内。ばんざ~い!
しかも、観光局が主催する「リトルインディア無料ガイドツアー」なんてのがあるということも分かり、大変喜んでおります。

しかしどこかで「治安があまり良くないので女性は注意」なんて書かれていたのを読んで、ふと心配になりました。が!この「あまり良くない」というのはどの程度なんだろう?

 香港くらい?(香港はだいぶ安全)
 バンコクくらい?(バンコクも概ねとても安全)
 深圳くらい?(深圳も、私にとってはあまり危険な場所ではない)
 重慶大厦=香港の小印度くらい?(チョンキンもけっこう安全よね)

「あまり良くない」って、私がどの程度恐れて用心すればいいくらいの良くなささなのかしら・・・。とりあえず上記4箇所ですと、私の警戒レベルが一番引き上げられるのが深圳(羅湖周辺)ですから、そのくらいの心構えでいればいいのかしら?
午前中に行っても開いてないお店も多いとどこかで読んだし、そもそも私が朝からそんなにちゃっちゃと行動できるとも思えないので、行くのは午後、でもまだ陽の高いうちに行く予定ですが・・・。


そう言えばさ、香港にはこういう場所がないのは何故なんでしょうね?香港にも、負けず劣らずの数のインド人が住んでいると思うんですが。
リトル・タイは九龍城だし、リトル・コリアは尖沙咀はキンバリー・ロード周辺にありますよね。
リトル・トーキョーがないのは、もう日本のものというのがあまりにも一般的になっちゃって大体どこでも手に入れられる(しかもジャスコみたいな日系スーパーもある)からということもありましょうが、それでもやっぱり銅鑼湾みたいに日本料理屋が固まっているような場所があります。
リトル・インディアがないのは、何故でしょうか?そりゃあ、尖沙咀にはこれでもかというくらいの数のインド料理屋がありますし、重慶大厦にはわりとインドがギッシリ目に詰まっていますけれどね。あれが香港のリトル・インディアなのかしら。でもさ、ああいう場所に行っても、インドのジャラジャラ系アクセサリーとか、インドの可愛いお洋服とかは売られているのを見かけません。(つまり、私の求めるインドがない) どうしてなのかなぁ?それとも、私の知らないどこかに香港のリトル・インディアがあるのかしら!


と、そういうわけでして、KLのリトルインディア情報をお持ちの方は、ぜひ惜しまずに私にそれを教えてください。よろしくお願いいたします。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。