昨日のいろいろ

  • Day:2011.08.10 12:20
  • Cat:本堂
8月10日(水)   曇りときどき雨

ポスト 九龍城 2011
<ポストつきドア>

このところ晴天がつづいてそりゃあもう暑かった香港ですが、今日は朝からときどきザーッと雨が降ります。そして、そりゃあもう蒸します。暑さもほとんど変わらずで、最高気温はやっぱり30度くらいはありますから、直接の日差しがないという分が楽なくらいで、どっちかと言うと蒸し暑さがアップするだけ晴れている日よりよっぽど不快です。

実際昨日はチェンマイソーセージを買いに九龍城へ向かったんですが、なんかもう、自分が熱いという感じがしてとても不快でした。わかります?外気が暑い(つまり私にとっては外気に触れている肌が熱い)という感じではなくって、もう自分の中に熱がこもって、湿気もこもって、自分が熱いんです。自分が内側から熱くって、なんか満杯になっているような、熱くて重くて、なんだかグラグラしてきました。

そういうわけで、昨日はとても久しぶりに九龍城へ行きました。13時少し前にうちを出て、たぶん13時半前には到着して、チェンマイソーセージを買いました。
そのあと、お昼ご飯は海難鶏飯がそこそこ有名なお店(本店は黄大仙)の支店へ行ったんだけど、なんだか前よりも美味しくなくなっていてちょっと残念でした。何であんなに味が落ちたんだろう。支店が増えたからかしら。海難鶏飯を食べるんなら、やっぱり尖東ね。
それから街市へ行って、新界産の生菜と、ついでにニラとにんにくを買って、ネギをおまけにもらって、もうそれだけで早々にバス停に向かいました。
ああ、暑い。


うちへ帰ってしばらくしたら、首を長くして待っていた荷物が日本から届きました。

漫画 ガラスの仮面 2011
<ガラスの仮面、45、46、47>

この他に、夏目漱石の「こころ」と、「SWAN[モスクワ編]」、母が香港では手に入らなかろうと思って入れてくれた食材(しかし実はどれも香港で手に入るもの)なども入っていました。
母に荷物が無事に届いたこと、入れてくれた食材はどれもありがたいが、実はどれも香港で簡単に手に入るものなので今後は入れなくていいこと(だってその分送料が高くなってもったいないでしょう)などをメールで伝え、早速読書態勢に入りました。

ネタバレになるとあれなんで詳しくは書きませんが、
 1、(今大変大きな困難に見舞われている亜弓さんを見て)女優ってこんなに大変なのか…
 2、(歌子さんによる亜弓さんの特訓を見て)スカートに火が燃え移らないのが不思議…
 3、月影先生は戦争を体験している世代だけれど、あの豊かでつややかな黒髪をどうやって保っているのか…
 4、紫織さんの邪悪化が著しすぎる…
 5、紫織さんはそんなに貧血がひどいなら、ちゃんと医者にかかって治療するべきだ… (そのままでは、結婚したとしても妊娠、出産も難しいぞ)
 6、オンディーヌの小野寺さんは、いつまで経っても精神的成長が見られない…
 7、どうして亜弓さんは、こんな小物(小野寺さん)を見限って袂を分かたないのか…
 8、マヤは何かと涙もろすぎ…
 9、真澄様はネクタイがいつもダサい…
 10、水城さんにもキャリアの危機迫る…
などなど私も白目になりました。


そうして夜ご飯を作っている間に殿が帰ってきました。なんか紙袋を提げていて、その中からリンゴだの洋ナシだのを取り出しました。お客さんにもらったそうです。(変わったお客さんね…) 紙袋がまだ食卓の上に載っていたので、空っぽなら片付けようと思って中を見ると、iPhone4の箱が入っていました。
会社支給の携帯電話をそろそろ変える気になって会社に相談したら、今はみんなiPhoneで他の選択肢はないと言われたのでそのうちiPhoneをもらうはずなんて言っていた、あれでしょう。

iPhone 2011
<アイフォン4>

新しいSIMカードももらってきていたので、早速セットアップすることにしました。そのためには非常に不本意ながらPCにiTunesを入れないといけません。アイフォンを使っているh氏に指南を請うと、アイチューンはアイフォンを使う上で今後も何かと必要になるということなので、やっぱりどうしても入れてそのままにしておかないといけません。ちっ。

私が取り掛かろうとすると、殿は「それじゃ、僕は泳ぎに行かないといけないから」などと言って、すべてを私に丸投げしてプールに行きました。
「行かないといけない」ってどういうことなんでしょうね?別にクラスをとってるわけでもなく、行くのも行かないのも彼の自由なんですが、どうして「行かないといけない」んでしょうね?

しかしまあ、私はこういうことが嫌いではないのでやりましたよ。ちゃんとマニュアルをダウンロードして、事前にそれを読んでやりましたけど、あら?使えるようにはなったけれど、電話のネットワークにはつながってないわ。SIMカードは、すでに殿の番号になってるはずなんだけど、アドレス帳とか空っぽだし、おかしいわね…。SIMカードの切り替えが、実はまだ終了していないのかしら。
これは私では分かりませんから、行かないといけなかったプールから帰ってきた殿に言うと、「変だね。それじゃ会社に聞いてみる」と。
ま、そしたら今のところはこの器械がどんな風か、ちょっとさわってごらんなさい…と殿に渡すと、どうもタッチパネルがうまく扱えなくって四苦八苦しています。そのうちイライラしてきて、「これイライラする。さ、もう電源切って」なんて言って、それ以後さわろうともしませんでした。
今朝も、「会社に持ってって聞かないとね」と電話を渡すと、「いや、今日じゃなくていい。明日にする」なんて言って、アイフォンは置いていってしまいました。どうも使いたくないみたいです。

さて、今朝になって、アクティベーションを完了させるためには、どうやらアイフォンの再起動を2回しないといけないらしいということをh氏から聞きました。早速検索してみると、おお、確かにそういう情報があった。→iPhone4切替時のアクティベーションで戸惑わないように
これによると、どうやら殿のアイフォンも、リンク先でいうところの「先に本体をセットアップした」状態のようです。殿の今までの携帯電話に入っているSIMカードがまだ生きているので、やっぱりSIMカードの切り替えがまだできてないんじゃないかと思います。

というわけで、マニュアルをしっかり読んで取り掛かっても、それだけでは使える状態にすることはできませんでした。マニュアルに書かれている内容を行う前提されている状況(それが書かれていないのは甚だ不親切と思う)と、私の状況が合致しなかったためです。(香港のアイフォンなのに、日本語のマニュアルを読んだのがいけないのか?)
直感的に使えるからまだるっこしい説明書は要らないというのがリンゴ社の長年の主張ですが、そういう細かい前提とかも、直感的に分かるもんなんでしょうか。そしてリンクした記事にあるような、2度の再起動というのも、直感で分かっちゃうもんなんでしょうか。(この記事を書いた人は、直感で分かったんだろうか) それとも、長年意識的にリンゴ社製品を避けているために(実家ではコンピューターはずっとMacだったけどさ)、私の直感が鈍っているということの表れなんでしょうか。

まあとにかく、いつまでも放置しても置けませんから、殿がアイフォンに乗り換える心の準備ができるまでに、殿が使いやすいようにしておいてあげましょう。私って優しいわ。
タッチパネルの扱いにくさは、ペンを使うことで何とか解決するかもしれません。(静電式?のがあるんですね) それから微妙に重くて中途半端な大きさのアイフォンは、殿みたいな物を取り落としたりしやすい感じの人は落下させて壊す可能性が濃厚なので、滑り止めのためにシリコンのケースも買いましょう。
見た目が悪くなる?
そんなことよりは実用性ですよ。見た目が良くても使いにくいんじゃ仕方がありませんものね。殿みたいに、こういうことに辛抱強くないタイプの人間は「使い慣れるまで我慢する」ということがなかなか難しいので、見た目はどうでもなるべく使いやすいようにしないとね。

今日は旺角を目指すか。でも、このお天気じゃねぇ…。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。