がんもどきの煮たの

  • Day:2011.11.09 11:36
  • Cat:厨房
11月9日(水)   雨

料理 がんもどき 切り干し大根 2011
<がんもどき+切り干し大根>

寒くて雨の水曜日。モンスーンだかなんだかの影響で、香港は気温が下がってます。夏だわーと思っていたのから一転して、夏の格好ではちょっと肌寒いくらいです。昨日もですが、雨が降ってどんよりして、まったく気分が盛り上がりません。
大体ね、せっかく外付け(USBの)キーボードを買うためにサムソイポ(深水埗)に行こうと思ってたのに、何も雨を降らさなくたっていいじゃないのよ。尖沙咀でも、星光行の中にコンピューター関連のお店が(以前よりは減ったけれども)いくつか入ってますから、そこへ行けば買えますけれどもね、高そうじゃありません?尖沙咀じゃ家賃が高そうだし、その家賃が商品の値段に跳ね返るのが世の常ってものでございましょう?んもう、嫌な雨だわー。

話は変わって、今日はがんもどきです。

がんもどきって美味しいですよね。嫌いな人もいるかもしれないけれど、私は好き。でも、実は前はそんなに好きじゃなかったんです。嫌いじゃないから食べてはきたけれども、例えばおでんの具なら、がんもよりもさつま揚げの方が好きでした。
でも、最近になって、なんだかがんもどきって美味しいなーと思うようになったんです。なんなんでしょうね?

私は寅さんが好きで、こちらでDVDセットを買って楽しんでいるんですが、寅さんの好物としておばちゃんがよく口にするのが「お芋の煮っ転がし」と「がんもどきの煮たの」です。
お芋の煮っ転がしの方は、多分サトイモの煮っ転がしじゃないかなと思うんですが(ジャガイモってことはないだろう)、がんもの煮たのってどんなのかしら…と、想像をめぐらしておりました。というのも、私の実家では、がんもどきと言えばおでんのときにお目にかかるくらいで、がんもどきがメインの料理というのは食べたことがなかったんです。

そこで得意のインターネット検索をしてみると、いろいろとレシピが出てきました。その中に切り干し大根と煮るというものを見つけ、私は切り干し大根が好きなものですから、「よし。ここはひとつこれを作ってみようじゃないか」と奮起したのが数ヶ月前。

ところでうちの殿は、切り干し大根(切り干し大根を油揚げと煮たの)は美味しいとおっしゃっていましたが、がんもどきはどうだか分かりません。と言うのは、彼は豆腐は好きなんですけれど、油揚げはあんまり好きじゃないんです。がんもはほとんど豆腐って言うか、豆腐に似たようなもんですが、表面は揚がっているし、どう転ぶか分かりませんでした。

まあ、がんもが嫌だったらよけてね…とすることにして、がんもと切り干し大根を煮てみましたら、あら美味しい♪殿も、がんもを嫌がらずに食べてくださいました。
それ以来、美味しいし簡単だしというわけで、何度か作っています。

昨日も作ったの。うふふ。
簡単だし、しかも皆さんもう基本中の基本みたいなあれでしょうから、ここにレシピを記す必要もないかとは思うんですが、数百年後にこのブログが「21世紀初頭に香港に暮らしていた日本人女性の生活」として資料的価値を持たないとも限りません。だから書いておきます。未来の人類のために!


ぼの字の、がんもと切り干し大根の煮たの
用意するもの: がんもどき、切干し大根、出汁のもと、しょうゆ、塩、はちみつ

1.切り干し大根は、20分くらい水につけてもどします
2.がんもは適当な大きさに切ります
3.もどした切り干し大根の水を絞って、少量の油をひいたお鍋でなんとなく炒めます
4.そこにがんもを投入
5.水をひたひた弱くらいまで入れて、出汁のもと、醤油、塩、はちみつを入れ味を調えます
6.水分が飛んで、がんもに味がしみたら完成

※出汁のもとの代わりに、鰹節を投入しても美味しいです。
※はちみつは砂糖で代用してもいいんじゃないかなと思わなくもありません。



切り干し大根の煮たのって、冷めても美味しくて、お弁当のおかずにも活躍しますよね。私はお弁当に切り干し大根が入っているととても嬉しかったものです。

このがんもは、CitySuperで9.6ドル。厚揚げ(13ドル)に比べると安いです。先月くらいまでは確か9.5ドルだったと思ったんですけれど、遅れてやってきたインフレなのでしょうか、9.6ドルになってました。これ以上は値上げしないで欲しいもんです。

Comment

Comment Form
非公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。